パワーマニプレータ用ロボットアーム

直交座標制御のロボットアーム

A1000S ロボットアームはプログラミング可能なマニプレータです。6自由度の直交座標系制御を備えています。操作は分かりやすく、アームを安定して正確な操作ができます。

A1000S は立ち入ることが困難なエリアで利用される製品です。代表的な活用現場は、原子力関連施設、化学関連施設などです。こなせる作業内容は、放射性物質のハンドリング、解体作業、除染保全やホットセル内の重作業などです。

直交座標系制御による精密な直線運動および精密な速度制御(解体作業のディスクグラインダー操作など)を可能とします。

GOTOモード

A1000S の制御に装備されたGOTOモードは、遠隔作業用マニプレータ用に開発された教示・再生機能です。特定の作業手順、経路点をA1000S に短時間で教示し、即再生ができます。再生動作は人間介在型で、再生作業中に、繰り返し作業、途中減速、加速、逆再生などを現場の状況にしたがって対応することができ、遠隔作業での繰り返し操作の手間を大きく省きます。

GOTOモードは 一定の工具置き場からの工具交換や、一定位置の収納容器への廃棄物の収集、狭隘箇所を障害物回避して繰り返し通過する操作など、遠隔操作での効率化、安全性の改善に有効です。

3次元シミュレーション

ロボットの制御に3次元シミュレーションも提供します。A1000S の詳細な構造と作業環境をリアルタイムでモデル化し、シミュレーション表示します。3次元シミュレーションを使うと、特に狭くて見えにくい場所での作業が可能になります。障害物で視野が塞がれている状況などにおいて。コンピュータ画面のモデルでは、こんな課題も解決できます。.さらに、3次元シミュレーションでは、衝突の検知も可能です。衝突センサーは、アームの衝突を防ぐために警告信号を出します。これでさらに高めた安全性をお届けします。

A1000S はA1000 パワーマニプレータを基に開発されました。次の主な強みが維持されました :

  • 内部配線
  • メインテナンスフリー
  • 除染性に優れた設計
  • すべての関節に非常用外部駆動シャフト装備
  • 遠隔操作によるアームユニット交換が可能
  • 高剛性、高耐久性